Made in Hawaii < Taro / Poi >

 

By Yurie Sakakibara (East West Journal)  榊原百合惠

 

 

 

タロ芋は里芋の一種で、中国では約2000年前から耕作されている。ハワイには西暦500年頃、マルケサス諸島からカヌーに乗って来た最初の移住者が持

ち込み耕作を始めたと言われている。ハワイ王朝時代から、タロ芋を蒸してすり潰した糊状のポイが、ハワイアンの主食となった。今でもポイは、ハワイ伝統

食の一つで、ルアウには欠かせない。

ハワイ州の1993年のタロ芋生産は、600万ポンドだったが、2005年には400万ポンドに減った。州農業局では、スクミリンゴガイ(英語の通称は

Apple 

Snail)というタロ芋の害虫や病気の被害が増え、畑や用水の借地権がからんで作付け面積が減っている上、重労働のタロ芋耕作離れが原因と説明してい

る。

タロ芋は、ハワイ文化に於いて重要な作物で、ハワイの伝説では、タロ芋は、空と地の神様から生まれた長男(人は次男)であり、神様の贈物でもある。ま

た、タロ芋には、オハ(子芋)が出来ることから、オハナ(全ての子芋・家族・親戚)と密接な作物だと言われている。

そんなハワイアンにとって心髄とも言えるタロ芋を、ハワイ島ワイピオ渓谷で四代に亘り耕作し、ポイを作っているモック・チュウ家を訪ねた。

 

 

モック・チュウ家

ハワイ島の北東部にあるワイピオ渓谷は、主にタロ芋が耕作されている。現在、約20軒の農家が州の約15%のタロ芋をこの谷で生産している。

モック・チュウ家では、四代に亘りワイピオ渓谷モクワイ地区の23エーカーの土地をビショップ博物館から借りてタロ芋を耕作している。

現在、モック・チュウ家では、三代目のジェイソンさんと奥さんのアルバータさん、二人の息子で四代目のカラエさんと、カラエさんの奥さんのカナニさんの

四人で、タロ芋耕作とポイ生産をしている。

ジェイソンさんは、ハワイアン、中国人、日本人の血を引くアメリカ人。アルバータさんは、ポルトガル系アメリカ人。

モック・チュウ家では、タロ芋耕作やポイ生産は、四代続く家業で、先祖から受け継いだ文化的遺産と考えている。

ジェイソンさんは、ハマクア製糖工場でトラック運転手・溶接工として20年以上働いていたが、工場閉鎖と共に失業した。それまでも週末にタロ芋耕作をし

ていたが、失業を機に本格的にポイ生産を始めた。

四代目のカラエさんは、高校卒業後、空軍に志願するつもりでいたが、膝の怪我を理由に断られたので、ワシントン州の航空学校に3年通った。

ハワイ島カウ出身のカナニさんは、ハワイアン、ドイツ人、中国人、チェロキー・インディアンの血を引くアメリカ人。

カナニさんも、同時期にその航空学校に通っており、そこでカラエさんと出会い、結婚して娘が生まれた。二人は、同じ航空会社に就職していたが、2001

年の米国同時多発テロ事件の後、会社の経営が悪化して、解雇される人が増え、小さな子供を抱える二人の生活は厳しくなった。

そんな時、両親のジェイソンさんとアルバータさんから、ハワイに戻って来て、ポイ生産の共同経営者にならないかと誘われ、ハワイに戻ることにした。

カラエさんには、ホテルで働く姉が一人いるが、タロ芋耕作やポイ生産に興味を示さなかったので、後を継ぐのはカラエさん夫婦しかいなかった。

当時、三代目夫婦は、タロ芋畑があったにもかかわらず、畑仕事をする時間が無く、他の農家からタロ芋を買ってポイを作っていた。息子夫婦が加われば、タ

ロ芋畑の敷地面積を広げてビジネスを拡張出来ると見込んだ。今年は、四代目夫婦が帰省して5年目になる。

 

タロ耕作

タロ芋には、大きく分けて水田で育つものと、畑で育つものの二種類があるが、ハワイでは主に水田でタロ芋を耕作している。

ワイピオ渓谷には沼地が多いため、水田耕作のタロ芋の育成に適しており、古代からタロ芋畑があった。

しかし、タロ芋は、植え付け、草取り、収穫などを水田の中で、昔ながらの手作業でしないといけないため、耕作者が年々減っている。

カラエさんは、「今の若い人は、農業、特に重労働のタロ芋耕作を敬遠しがちです。病気や害虫も増え、効率も悪くなっていますから、益々やりたがりません。

でも、タロ芋やポイは、ウチの家族だけでなく、ハワイの人にとって、文化遺産的な作物ですから、私たち夫婦が代々の伝統を継承しないといけないと思いま

した。

ワイピオ渓谷には、まだタロ芋畑になりうる土地が沢山残っていますが・・若い人は誰もやりたがりません。四代目のタロ芋農家は、多分ハワイでも珍しいと

思います」という。

 

ワイピオ渓谷

ワイピオ渓谷には、日用品を売る店がないので、ここに定住している人はいない。殆どの人が、ホノカアなどの近隣の町に住み、週日は他の仕事をし、副業と

してタロ芋耕作をしているため、農作業をする時だけ谷に降りる生活をしている。

モック・チュウ家では、三代目、四代目ともホノカアに家があり、ワイピオ渓谷の畑まで通っている。畑には小屋があり、週末などに数日間続けて畑仕事をす

る時は、小屋に泊まることにしている。

谷の上からワイピオ渓谷に下りるには、橋のない川を渡らないといけないので四輪駆動の車が必要である。水位が上がると四輪駆動でも渡れないので、タロ芋

農家は、常に空模様や滝の水量を見て、川の水位を予測している。モック・チュウ家も、川の水位が上がって渡れない時は、畑の小屋に泊まるという。

 

ポイ

タロ芋は、苗を植えてから一年から15か月で収穫出来る。収穫したい時期に合わせて苗を植え、収穫時期をずらして一年中収穫することも可能。

収穫は、水田下で大きくなったタロ芋を葉ごと抜き、ポイにする芋と、芋が少し付いた茎を切り離し、それを次の苗として植える。

タロ芋の種類は、300種類程あるが、モック・チュウ家では、ハワイに昔からあるレフア、モイ、アピイという伝統種のタロ芋を耕作し、収穫は親戚一同総

出でするのが、代々の習わし。

その芋を、四代目の家の台所を改装してポイ工場にした所に持ち込み、二度洗いする。

ポイ作りは週二回、家族四人で朝7時から始める。ポイを作る蒸し器や皮剥き機などは、どれも溶接工だったジェイソンさんが造ったものである。

洗ったタロ芋を、蒸し器で蒸し、冷ました後、皮剥き機で皮を剥き、機械の剥き残しを、丁寧に手で剥く。

それを潰し機から絞り出すと、糊状のポイが出て来るようになっている。主な作業は機械でしているが、ポイの堅さは、少しずつ水を混ぜて手の感触で確かめ

ている。

出来たポイは、一つずつ手作業で袋詰めにし製品となる。モック・チュウ家のポイは、モクワイ・ピコ・ポイという名前。ピコは、ハワイ語で、おへ

そ、真ん中、中心という意味。モクワイは地名で、モック・チュウ家の畑のある場所。つまり、モクワイ地区の真ん中(で採れた)ポイという意味。

家族四人で毎週1000ポンド程のポイを作り、10ポンド袋と2ポンド袋の2種類作っている。10ポンド袋は、主にルアウや業務用。

ちなみに、タロ芋は、アジア、太平洋やカリブ海諸島、アフリカなどで耕作されているが、ポイにして食べるのはハワイだけである。

日本の伝統食の納豆は、他の民族には敬遠されがちだが、ポイもハワイアンやカマアイナ(古参者)以外には受け入れにくいかもしれない。納豆のように臭い

わけではないが、紫がかった灰色をしており、糊状で、味も淡白。

古代、ポイはコアの木で作ったボールに入れられ、指ですくって食べるのが正式の食べ方だった。近年では、消化がいいため離乳食としても食べられる。

 

市場で販売

モック・チュウ家では、ポイを店に卸さず、自分たちで市場で売っている。その理由をカナニさんは次のように説明する。

「最近ポイは、とても高い主食になっています。でも、値段が高くなる原因があるのです。タロ芋の病気や害虫が増え、以前と同量のタロ芋でも、腐ったり使

えない部分が多く、出来るポイの量が減っています。同量のポイを作るには、前より沢山タロ芋が要ります。

私たちは、それでも出来るだけ値段を抑えようとしています。4年前までは、1ポンド2ドル50セントで売っていましたが、採算が合わないので3ドルに

し、今は1ポンド4ドルですが、それでもハワイ島で一番安いです。

10年前までは、タロ芋は80ポンド当り10ドル程で取引されていました。ウチは昨年まで、タロ芋を仕入れている農家に、80ポンド当り50ドル払って

いましたが、今年から55ドル払っています。

ウチはタロ芋耕作もしているので、農作業の大変さがよく分かっています。タロ芋農家が無かったら、ウチはポイが出来ませんから、5ドルの値上げは、我々

の感謝の気持ちです。

ポイを店に卸すと、仲介料の分高くなります。私たちは、出来るだけ安く皆にポイを食べてもらいたいので、自分たちでコナやコハラの市場で売っています。

ホノカアからそこまで行くだけでも時間がかかり大変ですが、お客さんの顔を見て反応を聞くことも大事だし、タロ芋耕作からポイ生産販売の過程の中で、販

売が一番楽しい仕事です。

ウチのポイを買う人は、みんな長い付き合いのお得意様なので、もう親戚のような感じです。誰もが、ウチのポイは濃厚で美味しいと言ってくれるので、嬉し

いし、やりがいがあります。

タロ芋耕作に興味がある人もいるので、色々説明したり、トーク・ストーリー(世間話)したりするのも楽しいです」

 

仕事の分担

モック・チュウ家では、曜日により誰が何をするかの仕事分担が決められている。主に三代目夫婦が、畑仕事を中心にし、四代目夫婦が、市場でポイを売り、

四人でポイを作っている。

月曜日は、三代目夫婦は畑仕事。四代目夫婦は、タロ芋を蒸す準備をする。

火曜日は、家族四人でポイ作り。

水曜日は、昨日作ったポイを、四代目夫婦がコナの市場で売る。三代目夫婦は畑仕事。

木曜日は、基本的には休みだが、四代目夫婦は、昼からタロ芋を蒸す準備をする。

金曜日は、家族四人でポイ作り。

土曜日は、四代目夫婦がコハラの市場でポイを売り、アルバータさんがワイメアの市場でポイを売る。

日曜日は、三代目夫婦とカラエさんは畑仕事。

基本的に、三代目夫婦とカラエさんは、空いた時間は畑仕事をするので、一週間殆ど毎日仕事をしている。

 

魂の食べ物

日本人にとって米が食の要であるように、タロ芋やポイは、ハワイアンにとって、単なる食べ物ではない。ハワイ文化の心髄や魂に近いものである。

近年ハワイでも欧米の食べ物が溢れているが、このハワイ特有の伝統食を見直そうという動きもあり、最近ポイは、ハワイのスローフードに認められた。

スローフードとは、ハンバーガーやフレンチフライなどの簡易に食べられる画一化したファーストフードに対して付けられた名前で、ゆっくりとくつ

ろいで食べるのが相応しい伝統食という意味。

四代目夫婦は、昨年イタリアで行われた世界スローフード会議に、ハワイの代表として参加し、ポイを世界に広げるアピールをした。

現在、ポイは、需要に対して供給が追いつかず、買いたくても買えない人もいる状態である。カラエさんは、ポイは新鮮なものが美味しいというが、ハワイ島

でも、隣島から空輸された、時間の経った高いポイを買わないといけないという。

新鮮で美味しいポイを手に入れるには、睡眠時間を多少削る覚悟もいる。モクワイ・ピコ・ポイを買うには、早起きして水曜日にコナのファーマーズ・

マーケットに行くか、土曜日にコハラかワイメアのファーマーズ・マーケットに行くことである。

通常朝八時から売り始めるが、売り切れ次第、店を閉めるので、早く行った方が確実。美味しいものを手に入れるには、多少の骨折りも必要である。

市場には、新鮮で珍しい物が沢山あるので、万が一ポイが売り切れでも早起きの価値は充分あり。

 

モクワイ・ピコ・ポイ/Mokuwai Piko Poi

電話808・775・0815

 

Acknowledgements: Hawaii Tourism Japan/  Yumi Ozaki/ Big Island 

Visitors Bureau/ Margo Mau Bunnell/ The Fairmont Orchid/ Aven 

Wright-McIntosh/ Hapuna Beach Prince Hotel/ Catherine Tarleton/ PacRim 

Marketing Group, Inc/ Dollar Rent A Car